有用な記事

いいえ、Appleカードに関するメールはフィッシングの試みではありませんでした

会社から送信されたと思われるメールを受信したが、リンクをクリックして、会社がすでに知っているはずの情報を確認するように求めているときはいつでも、あなたは懐疑的であるすべての権利を持っています。 実際、非常に懐疑的でなければなりません。 常識は、フィッシング攻撃に対する最善の防御策です。

Apple Cardへの早期アクセスを許可された人の1人である場合、Apple IDの確認を求めてアプリケーションを続行する前に、Appleから奇妙な音の電子メールを受け取った可能性があります。 特にAppleカードに関する通知にサインアップするために使用した電子メールアドレスに会社が送信した場合は、この種の電子メールをAppleから受け取ったことはないでしょう。

メールの内容:

iPhoneで使用しているApple IDを検索し、Apple Card Webサイトの「Notify Me」ボタンを使用してそのメールアドレスを入力するように求められます。

この場合、あなたの懐疑論は-有効ですが-保証されません。 これは実際にはAppleからの正当なメールですが、誤って受け取った可能性があります。 Apple IDに使用するプライマリメールアドレスに送信する場合、Appleカードに関する通知にサインアップするときにこの正確なメールアドレスを使用した可能性が高いため、Appleが提供したメールアドレスを確認する必要はありません。 それでも、Apple Cardにサインアップするプロセスを開始する場合は、「Notify Me」ボタンをクリックまたはタップし、Apple IDを再度入力する必要があります。

フィッシングメールに対する警戒を維持する

Apple側でこのようなことをさせて、この種の電子メールを今後怠けるようにしないでください。 ある企業が、すでに持っている情報を確認するように(青く)求める場合:

  • 送信者のメールアドレスを確認してください。 それがさもなければ一目で本物に見えるかもしれないいくつかの奇抜なサブドメイン(apple.totallylegit.netなど)から来ていないことを確認してください。
  • ハイパーリンクをクリックするのではなく、メールに記載されているURLをブラウザーに入力することを検討してください。リンクをクリックした後、アドレスバーに偽のURLが表示されないことに電子メールがフィッシングを試みている場合に備えてください。
  • メール内のリンクをクリックするときは、常にアドレスバーを確認してください。 自問してください:これは本当にあなたが到達しようとしている会社または合法的なウェブサイトですか? 誰かが「l」の代わりに「I」または「1」を使用する場合のように、短縮URLやダミー文字にだまされないでください。
  • 受信する予定のない添付ファイルを開かないでください。
  • 疑わしい場合は、カスタマーサポートに直接送信するメール、オンラインチャット、または電話のいずれかで、会社に直接連絡してください。 電子メールで送信されたリクエストが正当かどうかを確認できます。