面白い

ガレージを究極のDIYワークショップに変える方法

ガレージは道具や機器を保管するのに自然な場所ですが、それはあなたの次のプロジェクトを構築するのに理想的な場所という意味ではありません。 自慢の安全で生産的なDIYワークスペースにガレージを変える方法は次のとおりです。

まず、ガレージをきれいにします

まず、物を作るのに役立たない余分な家庭用品をすべて取り除こうとします。 完璧な世界では、過去の子供の自転車や空の荷物を掘って塗料を手に入れる必要はありません。 しかし、現実の世界では、ストレージを手に入れるのは難しいので、少し手に入れるには少し手間をかける必要があります。 「家庭」と「ワークショップ」を区別するために、ガレージの境界線を検討します。十分なスペースがない場合は、スペースの狭いワークベンチを検討するか、オフサイトストレージをレンタルします。 さらに対象となるストレージ用の小屋を建てることもできます。

それ以上に、ワークショップの安全性が一番の関心事です。 床から物を取り出して邪魔にならないようにすると、つまずくのを防ぎ、ツールや機器を簡単に確認してアクセスできるようになります。

作業テーブルを明確にしてください。 これにより、操作するスペースが最大になり、ナットやボルトを紙やゴミの下に置き忘れることはありません。 また、新しい作業を開始する前に古い作業や未完成の作業を片付ける代わりに、クリーンな状態でプロジェクトを開始することもできます。

ワークベンチを設計する

ワークベンチを構築するか購入するかに関係なく、ワークベンチは厳しく耐えることができるように設計および構築する必要があります。 ベースと脚は頑丈で、テーブルを簡単に倒さないでください。 上部は耐久性があり、簡単にへこんだり、へこんだりしないようにする必要があります。 ワークベンチも、プロジェクトのタイプに適した素材で作られていることを確認してください。

スペースが不足している場合は、必要なときにのみ下にある折りたたみ式のワークベンチを構築できます。

ツールストレージの選択(またはビルド)

ガレージワークショップの主な投資はツールです。 きちんと整理され、(必要に応じて)ロック可能な高品質のツールチェストで投資を保護します。 滑らかな転がり玉軸受の引き出しを探してください。中古品を購入する場合は、工具を腐食させる可能性のある錆や汚れに注意してください。 ツールが滑らないように、引き出しマットを取り付けることをお勧めします。 また、これらのツールにより、ツールがより安らぐクッションになります。

ペグボードを使用して壁のスペースを整理し、すばやくアクセスする必要があるツールを保管します。 ペグボードが役に立たない場合、またはガレージの壁にアイテムを掛けることができない場合は、これらのツールストレージの代替案を検討してください。

電気コンセントが確実に届くようにする

ガレージの床を横切って延長コードを引っ張らないでください。 ワークショップに、ツールバッテリーを充電するだけでなく、コード付きショップツールに電力を供給するのに十分な電源コンセントがあることを確認してください。 ドリルプレスやバンドソーは、充電用ドリルバッテリーを備えたコンセントと競合するべきではありません。また、ガレージの床に敷設されたケーブルにつまずく危険もありません。

コンセントは、照明、ヒーター、ACユニット、ラジオ、テレビ、CNCマシン、3Dプリンター、およびコンピューターにも必要です。これらはすべて、多くのワークショップで見つけることができます(ただし、一緒ではなく、ガレージですべてではありません。 )あなたは単にあまりにも多くのアウトレットを持つことはできませんし、十分な数よりも多くのアウトレットを持つ方がはるかに安全です。 大きなショップツールに必要な場合は、電気技師を招いてコンセントの設置と220v電源のセットアップを支援してください。

適切なタスク照明があることを確認してください

ガレージは通常暗いため、タスクライティングの設定が生産的なワークスペースの優先事項になります。 トラック照明はインストールが簡単なオプションであり、いくつかの指向性オーバーヘッド照明を提供しますが、影を落とす可能性があり(作業中に光源が背後にある場合は特に)、タスクや部屋全体の照明に別の照明源が必要になります。 シンプルで調整可能な作業用ランプは、はんだ付けや明るい焦点照明が必要な場合に役立ちます。

室内照明全体では、オーバーヘッド蛍光灯は打ちにくいです。 彼らは経済的で明るいです。

ガレージの暖房と冷房を忘れないでください

ガレージスペースは通常断熱されておらず、ほとんどの家のガレージドアは断熱が非常に悪いです。 つまり、夏は必然的に暑くて蒸れ、冬は寒くなります。 ワークショップで快適に過ごせるようにするには、ガレージを断熱し、いくつかのスペースヒーター、およびいくつかの携帯用の床または窓のACユニットを設置するための追加のステップが必要です。 作業中に厚手のコートを着用しなければならない場合、DIYの努力が妨げられ、サウナで働くのが好きな人はいません。

天然ガスヒーター(上図参照)は、ダクトのないエリアに適した熱ソリューションです。プロパンヒーターは実行可能なオプションですが、半密閉スペースで使用する場合は注意してください。

耐久性があり、掃除が簡単なフローリングを選択してください

コンクリートのガレージの床はワークショップの表面として機能しますが、時間が経つにつれて汚れてしまい、家の中にたくさんのほこりや汚れを追跡することになります。 エポキシの床仕上げは掃除が簡単で、グリップ力も向上します。 長時間立っているときに関節を助ける柔らかい表面については、レストラン級のゴム製フロアマットまたはガレージの床タイルを含む耐久性のあるオプションをチェックしてください。

ツールを忘れないでください

ハンドツールとパワーツールの標準セットを超えて、究極のDIYワークショップは、適切なツールなしでは「究極」ではありません。 これらから始めて、スタンドアロンのショップツールコレクションの構築を開始します。

  • ドリルプレス

  • テーブルソー

  • バンドソー

  • 複合マイターソー

  • ベルトサンダー

  • バイス/アンビル

  • グラインダー

意見やニーズは異なりますが、これらのツールはほぼすべてのプロジェクトであなたを遠くに連れて行きます。 満たされないニーズに直面した場合、地元のハードウェアストアからツールをレンタルしたり、プロジェクトに使用できるツールを手元に持っている地元のハッカースペースやメーカーコミュニティを見つけることもできます。

エンターテイメントも重要です

ポータブルBluetoothスピーカーはガレージで十分な音を提供しますが、壊れやすく、埃に敏感です。 ミルウォーキーとDeWALTのジョブサイトラジオは、優れたサウンドを提供し、耐久性があり、コードレスバッテリーを充電することさえできます。 さらに、Bluetoothにも対応しているため、携帯電話に接続して音楽をストリーミングできます。

フラットパネルテレビまたはコンピューターモニターを壁に取り付けて、Apple TVやRokuなどのデジタルデバイスでスポーツを見たり、映画や音楽をストリーミングしたりできます。

換気に特別な注意を払い、空気の質を監視する

ほとんどのワークショップのタスクには十分な換気が必要であり、それはガレージが一般的に苦手なものです。 さらに、通常、受動的な換気(窓を開けるなど)では十分ではありません。 天井排気ファンは良い出発点ですが、物事をきれいに保つことに真剣に取り組むなら、最終的なワークショップには集塵システム、中央真空、換気システムも含めるべきです。 これらの3つのシステムはすべて、ほこり、汚れ、およびその他の重い粒子を衣服から保護し、肺から保護します。これにより、作業環境がより安全になります。

究極のガレージワークショップに欠かせないものはありませんか?