面白い

すべての一般的なジッパーの問題を修正する方法

ジッパーは最初に発明されてからあまり変わっておらず、私たち全員が抱えている問題もありません。 詰まったジッパーからクリンチしない歯まで、ジップするもので遭遇するすべての問題を修正する方法を次に示します。

ジッパーが詰まっている

あなたのジッパーが立ち往生しているとき、何かに引っかかっているように感じます。 ジッパーがまったく落ちない場合があり、それを修正するまでジャケットの中に閉じ込められています。

これを修正する最良の方法は? グラファイト鉛筆をつかみ、歯の鉛筆の先端をこする。 もう一度試してみてください。 それでもうまくいかない場合は、潤滑剤に移りましょう。 Windexは油性ではないため優れていますが、固形石鹸やリップクリームも使用できます。 ジッパーを完全に上げてから、潤滑剤をゆっくりと歯に塗ります。 次に、ジッパーをもう少し下に動かして再度適用し、ジッパーが完全に下がるまで続けます。 これは、生地自体に詰まったジッパーを修正するのに特に便利です。

歯が閉じない(または、開いたままになる)

ジッパーで最も厄介な問題の1つは、歯が閉じない場合です。 問題はいくつかの異なる理由から生じます。 鉛筆(または石鹸)を使用する上記のトリックは、歯が十分に滑らかになるので、再び機能します。

それが機能しない場合、スライダーが適切に機能していない可能性があります。 最初に、布や糸がジッパーに引っかかっていないことを確認します。 次に、個々の歯を見てください。 それらのいずれかが突き出ている場合、ペンチのペアをつかみ、それらがすべてまっすぐになるように所定の位置に戻します。

歯がまっすぐできれいであれば、スライダー自体を見てください。 時間が経つにつれて、スライダーはバラバラになり始め、それが起こると、ジッパーの歯をクリンチしなくなります。 ペンチをいくつかつかみ、スライダーが歯に再び当たるまで一緒に閉じてみてください。

ジーンズに関しては、解決策はもう少し複雑です。 可能であれば、下部の金属製バンパーを取り外してステッチと交換するか、下部に歯が欠けている場合は真ん中に縛り付ける必要があります。 残念ながら、これは実際にボトムバンパーに到達できるズボンでのみ有効です。

それが失敗する場合、またはジッパーの全体を実行できないパンツで作業している場合は、ジッパーを完全に交換する必要があります。 ペンチ、はさみ、糸を使って自分でできるが、ズボンのジッパーを交換することは、ほとんどのテーラーでわずか$ 5から$ 10である。

ジッパーが動かない

パンツのジッパーの一般的な問題は、ジッパーが動かないことです。 これは、あらゆる種類の恥ずかしい状況につながる可能性があります。 残念ながら、ジッパーを完全に交換しない限り、この問題を永久に解決することはできません。

ただし、2つの簡単な一時的な修正があります。 最も簡単な方法は、ジッパーのプルとパンツボタンの上にキーリングをスライドさせることです。 これにより、ジッパーが簡単に持ち上げられます。 もう少し柔軟性が必要な場合は、輪ゴムを試してみることもできます。

スライダーが壊れた

スライダーが完全に外れた場合、またはスライダーが歯を正しく閉じていないためにスライダーを交換する必要がある場合は、スライダーを交換する必要があります。 スライダーをオフにするには、プライヤーを使用して切り取ります。 完了したら、新しいジッパースライダーをスライドさせて歯に戻します。 これで完了です。

スライダーの交換は通常非常に簡単で、数分で完了します。

ジッパーのプルが壊れた

引っ張るとジッパーが折れると、ジッパーをジップアップするのが非常に難しくなります。 良いニュースは、これが最も簡単な修正方法であることです。 クリップ、キーリング、または電話線コネクタをジッパープルに変えることができます。 スライダーのタブを通してスライドさせるだけで、新しいジッパープルができます。 確かに、それはまさに最もスタイリッシュなソリューションではありませんが、少なくともあなたはあなたの服に出入りすることができます。